歯科検診と噛み合わせ

歯科検診と噛み合わせについて

歯科検診でかみ合わせチェック

虫歯や歯周病などの口の中の病気のためや、歯垢を取り除くお掃除のためなどで歯科に行くことがあると思います。治療や虫歯予防のために検診を受けることはとても大事です。そしてその時にぜひチェックしてもらいたいのが歯のかみ合わせです。虫歯などと違い自分ではなかなか不具合に気付くことはありません。しかし、かみ合わせが悪いと顎関節症や頭痛、肩こりに鼻づまりなど確実に体に支障をきたします。また唾液の量が少なくなったり、口で呼吸したりすると虫歯や歯周病にもかかりやすくなります。それらを未然に防げるように歯科医院での検診の際にチェックしてもらうと安心ですね。

予防重視の小児歯科の検診

治療の必要がない時でも、定期的に小児歯科医院で検診を受けて子供の虫歯を予防したいと考える人が増えています。予防に力を入れる歯医者さんでは、口腔内のチェック・歯磨きの指導・PMTCと呼ばれる専門的なクリーニングに加えてフッ素の塗布を受けることができます。フッ素には、歯の表面に働きかけて虫歯菌の生成する酸に強い歯質を作る作用があります。最近では市販されている歯磨き剤の多くにフッ素が配合されていますが、小児歯科医院の検診で塗布するフッ素は濃度が高く、適切な間隔で塗布を続けることで虫歯予防効果が期待できます。

↑PAGE TOP