歯科検診とフッ素

歯科検診とフッ素について

予防歯科でフッ素塗布の効果

治療の必要がない時でも、普段から歯科医院に通うという予防の考え方が浸透してきています。欧米などの医療先進国では既に主流ですが、日本の歯医者さんにも予防に力を入れるクリニックが急増しています。予防に力を入れる歯科医院では、定期検診を勧めています。定期的に受診をすると、虫歯や歯周病などのチェックがあります。定期的に受診していれば、もしも治療が必要な箇所があっても早期発見・早期対応が可能なので負担の少ない治療ですみます。また受診時には、PMTCと呼ばれる歯医者さんてせの専門的なクリーニングを受けることができます。PMTCでは普段の磨き残しのプラークや溜まった歯石をきれいに取り除いてもらえます。さらに酸に強い歯質を作り虫歯予防に効果的なフッ素の塗布を受けられます。

定期検診を毎回受けよう

虫歯の治療などを歯科でしてもらった後、数ヶ月に一度定期検診があります。はがきなどで連絡をしてくる場合があるので、できるだけ行くように心がけましょう。治療後の歯の状態をチェックするため、また、治療していない歯などの状態をチェックすること、その他にも、虫歯や口臭の原因となる歯垢や歯石を取り除いたりしてくれます。歯科では、それ以外にも歯の黄ばみなどがある場合には、薄い黄ばみ程度ならば、それも改善してくれる場合もあるので、自分の歯の状態をいい状態に維持するため、また、虫歯や口臭の予防のために定期検診には通うようにしましょう。

↑PAGE TOP