歯科での定期的受診

歯科定期健診はお早めに

歯科での定期的な検診は大切です

現在予防医学として注目を集めているのが歯科での定期検診です。日本では40歳以上の半数以上の人が歯周病にかかっているとされています。歯周病はただ歯の病気だけにとどまらず、歯周病菌が血管に入って動脈硬化や糖尿病を起したり、また認知症との関連も指摘されています。歯周病が怖いのは最初は自覚症状がないことで、気づいたら歯の状態が悪化して抜かざるをえない状態になっていたり、全身に影響を及ぼしている場合があることです。そうならないために歯科で定期的な検診を受け、歯周病があっても軽いうちに治しておくことをお勧めします。

↑PAGE TOP